他人の車を借りて運転しているところで交通事故を起こしてしまったという場合については、基本的にはその他人の車に掛けられているほうの保険が適用されることになります。
しかし、運転者がいかに証券名義とは別であったとしても、この場合には事故あり等級としてカウントされてしまいますので、貸した人は次年度からの料金がアップしてしまい、かなり気まずいことになってしまいます。


また、もしその車に本人運転限定特約が付けられていたような場合には、他人が運転することは契約内容上は想定されていませんので、損害賠償のためのお金は一銭も損保会社からは支払われないという、最悪の結果となってしまいます。
これを防ぐためには、運転者自身が他車運転危険担保特約とよばれるものをあらかじめ損保会社との間で契約しておくことが勧められます。
他車運転危険担保特約があれば、たとえ他人の車を乗り回して交通事故を起こした場合であっても、自己所有の車と同じように、損保会社からの支払いがありますので、被害者への損害賠償に充てることが可能です。
ただし、これはあくまでも対人賠償や対物賠償に限った話ですので、車両そのものの物理的な損害などは補償の範囲外となります。