車を購入すると強制的に加入しなければならない保険があります。自賠責保険と呼ばれ海01るもので、車の運転で万が一事故を起こした時に、金銭的な問題からその人を守ってくれるものです。
仮に、車の運転中に、他人の家の壁に車を衝突させてしまい、弁償しなければならなくなった場合、自賠責保険があるから大丈夫だと安心するところですが、残念ながら保険金が支払われないケースになります。
なぜお金が支払われないかというと、自賠責保険は車で他人に怪我を負わせてしまった時に適用されるもので、モノを壊してしまった場合は対象外になるのがその理由です。


後で知らなかったと泣きを見ることのないよう、対処法として、自賠責保険だけに頼らず、民間の保険会社が提供している自動車保険に、加入しておくのが最も簡単な方法です。民間会社の自動車保険は任意で契約するものですので、自分自身で好みの商品を探しましょう。
任意の自動車保険の特徴として、人身事故でも相手に限らず、ドライバー自身が怪我を負ったり、死亡した時にも適用されるというよさがあります。上記の例にある、モノに対する損害にも対応します。
メリットがとても大きいことから、殆どのドライバーが任意の自動車保険に加入しています。